読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達成欲

久しぶり、はてなブログを書いてみる。

今日の読書はこちらの本でした。

 

f:id:luckychura:20170409193538j:image

 

「ストレングスリーダーシップ」

 

もしかしたら、あんまり有名じゃないのかな....?でも私が知る限り強みをビジネスに活かそう系の本ではダントツに良かったので誰かに紹介したくてブログを書いてしまった。自分の強みも他人の強みも活かしながら生産性を上げていきたい人には、まさに、おすすめの本。

 

ところで、お仕事で書く恋愛コラムは割と戦略的に構成も考えて何度も吟味しながら書き上げるんだけど、ここではラフに、「素」で書いていこう思う。

 

そもそも、私は、書くことが人生のなかで最も好きというわけじゃなかった。では、なぜ今書いているのか?といえば、この数年で読書に没頭したおかげで「人生を変えるような良書」にいくつも出逢ってきたからだと思う。著者さんが魂込めて書き残そうとしている想いを活字から素直に受け取り、感動してしまった。

 

ダントツに良い本というのは、私が思うに芸術の域に到達している。「ブラボー!」って感動しちゃうね。時には涙でちゃうね。文章って本当に嘘つけないから、人間ってそこまでの境地に到達することできるんですね!(◎_◎;) 同じ時代に生きられてラッキーだ!というような生き様を見せられて、感動して憧れて、そしたら自分も書きたくなった。活字のインパクトは偉大ですよ〜。

 

そういえば、私には本とは別の、感動の原体験がある。小学3年生の夏に地元で初めて行ったコンサート。つま恋の大きな野外ステージで行われたミスチルのコンサートだった。

 

「今から、新曲歌います!」

 

と、なんと、歌ってくださったのが、シーソーゲーム。

 

衝撃だった。こんなすごいものはいまだかつて見た事がなかったし、こんなすごいものが地球に存在するんだということに強いインパクトを受けた。

 

今振り返れば、あのコンサートに行ってつよい感動をしたから、私も生まれつき特にうまかったわけでもない歌を練習して厳しいダンスレッスンも受けながら、コンサートに毎週出演するような日々を送っていたのかもしれない。

 

どうやら、感動すると動きたくなってからだが止まらなくなって、どんな状況でも困難があったとしても乗り越えて達成してしまう資質が私にはあるらしい。そんな私の強みの第1位は「達成欲」という資質だった。とにかく、次から次へと達成したいのね。その原動力になっているものは「感動」ですね。

 

みんなの強み、知りたいな〜

 

広告を非表示にする